俗にお仏像などに魂を入れることを開眼、、魂を抜くことを撥遣といいます。

仏像・仏画・位牌・石塔などを新しく造った(又は修復した)とき、
ご供養して入魂することを開眼供養といいます。
また、仏像・仏画・位牌などをお焚きあげ(又は修理)のため魂を抜くことを撥遣供養といいます。

当院では、尊いものを開眼又は撥遣するご供養をいたします。
事前に電話でご予約ください。

※人形供養・ペット供養は執り行なっておりません。

水子供養

水子の幸せを願う心のこもったご供養をご一緒に。

水子供養をしたいというお気持ちを持たれることはとても尊いことです。
ご葬儀・ご法事と同様に、心をこめてご供養させていただきます。
自らを懺悔し水子の幸せを願うことにより、ご自身も救われるでしょう。
お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

事前に電話でご予約ください。

お布施

よく「料金は?」というご質問がありますが、「料金」ではなく「お布施」と言います。
お布施の金額は、本来お寺が決めるものではありません。
「無理せず」「納得のいく」金額を封筒に入れてお納めください。
ご不明の点は遠慮なくご相談ください。

ページトップ
写経会のご案内
開眼・水子